line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
05.25
小学校4年くらいの時のこと、体育館倉庫の掃除中に突然AちゃんとBくんが喧嘩を始めまして。
喧嘩っ早いAちゃんはこれまた負けず嫌いなBくんと日頃からよく口喧嘩をしていたのです。
今日もまたいつものようにしばらく言い合ってそれとなく止むだろうと思い、私を含め皆はもくもくと掃除を続けていました。

ですが、この日はちょっと違っていたのです。
いつもならソコソコの言い合いで終わるはずの喧嘩が一向に終わらず、挙句の果てに滅多に泣かないAちゃんが両の眼からぽろぽろと涙を零しているではありませんか。
『!?…どうしたの??』
みんなが声をかけようとした瞬間、興奮したAちゃんは
『いいよっ!!!知らない!!』
と言い、手に持っていた長さ1M弱のホウキをおもいきり投げ、倉庫の裏に一目散に走り去っていったのです。

それと同時、鈍い音が―――

バァギッ

っとダイレクトに私の頭に響きました。




皆がAちゃんの涙にハラハラしている時も、私はゴーイングマイウェイよろしくひたすら掃除を続けていたんですね。その罰が当たったのでしょうか、いや正確には当たったのはホウキですが、見事Aちゃんの放った会心の一撃【ホウキ】が青木の頭にクリーン★ヒットしたわけですよ。
勿論昔から石頭の私だったので物質的にホウキには勝ち、見事敗れたホウキは2つに綺麗に折れました。ポッキリと。
…流石に小学校中学年のこどもですから、そりゃあ痛くて号泣ですが、それと同時に自分の頭で学校のホウキをまっぷたつにしてしまった事に対して動揺せずにいられませんでした。
私の『ホウキまっぷたつ』イベントのおかげでAちゃんとBくんの喧嘩はそれどころじゃなくなり、事なきを得ましたが個人的には洒落んなんねぇぜこんちくしょいです全く。とんだとばっちりだぜホント。orz

それから数分後、事情を聞いて駆け付けた担任によって保険室まで連れて行かれた私は『大きめのたんこぶだけで済んでるけど、頭への衝撃は怖いからちゃんと病院で検査してもらいなさい』と保険医に言われ、後日市立病院で頭部のCT検査を受ける羽目に。あれはどっきどきだったぜ★
特に検査結果にも異状は見られず、脳神経外科の先生とちょっとした談笑をして終わりました。めでたしめでたし。


え、何でこんな話を急にしたのかって?
そりゃあ勿論、ホウキをポッキリさせた衝撃のせいで青木さんはおかしくなったんだよっていう言い訳を…スミマセン何でもないですorz

真面目にここまで読んでくれた人がいたとしたら、翌日から無条件で神と呼ばせて頂こうか。爆
ちなみに、①とかついてるけど続くかは気分次第です★ミ
スポンサーサイト
コメント
最後まで読んだので明日から神と崇めて下さい^^

\(^o^)/青木さんの頭のアレさは生まれつきだと信じている
mame | 2007.05.26 04:50 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。